過去のおすすめ新刊絵本

これまでにご紹介したおすすめ絵本を掲載します。

 

2022年12月のおすすめ絵本

12月はクリスマスの月ですね。街は日に日にドレスアップされています。

そこで、今月のおすすめ絵本はクリスマス絵本です。

最近の絵本はたくさんおすすめでご紹介されているので、

今回は1998年発刊の絵本とその続編をご紹介します。

刺繡の作品が絵になっています。手作りの細やかな色合いを紙の絵本で見るとより味わいが深まる作品です。

同時にほっこりした気持ちになれる温かなこのストーリーで、クリスマス前のサンタさんを待つお子さんの気持ちを包んであげてくださいね。

 

サンタさん ありがとう

~ちいさなクリスマスのものがたり~

長尾玲子/作(福音館書店)

 

サンタさん ありがとう|福音館書店

絵本:サンタさん ありがとう

サンタさんとこいぬ

長尾玲子/作(福音館書店)

 

 

サンタさんとこいぬ|福音館書店

絵本:サンタさんとこいぬ


2022年11月のおすすめ絵本

絵本:もりのかくれんぼう

11月のおすすめ絵本は3世代に受け継がれる名作です。

 

「もりのかくれんぼう」

1978. 11. 1発刊

末吉暁子/著 林明子/イラスト(偕成社)

(7・8歳位から)

 

3世代で楽しめる絵本です。

日常の延長が不思議な世界に繋がっていて、主人公はそこで、遊び「かくれんぼう」を通し、とても楽しい出逢いや体験をします。

読み始めると、森や山の空気が広がり、深まる秋の静けさに包まれ、

日暮れの帰り道の、なんとなく物悲しくなる感覚も広がることでしょう。

大人はノスタルジックな時間を懐かしみ、

お子さんは、文章と絵から「かくれんぼう」を実体験する楽しさと、

絵の中から動物を見つけ出す楽しさを味わえます。

1978年の作品ですが、「良い絵本は100年受け継がれる」という言葉が、

お子さんの集中の仕方でそれを物語ります。

 

もりのかくれんぼう | 偕成社 | 児童書出版社 (kaiseisha.co.jp)

 


2022年10月のおすすめ新刊絵本

絵本:たすけてー

「たすけてー」お母さん共感!

 

たすけてー

作・絵:りとうようい 

出版社:金の星社

 

 

イボイノシシのお母さんが、サバンナで2匹の子どもを守り抜くために

スーパーウーマンのような奮闘を。はらはらどきどき最後はクスクスの絵本。

 

たすけてー:りとうようい - 金の星社

 

 

絵本:いってらっしゃーい

 「いってらっしゃーい」お父さん必見! 

 

いってらっしゃーい

作・絵:りとうようい 

出版社:金の星社

 

 

大切な家族の為にお父さんが全力で奮闘している姿を、笑いと共に描く。

家に帰ったときの、家族の最後の表情は爆笑もの。

 

いってらっしゃーい:りとうようい - 金の星社



2022年9月のおすすめ新刊絵本

絵本:フランクとバードのだいすきかくれんぼ

 

フランクとバートの だいすきかくれんぼ

作  :クリス・ネイラー・バレステロス

訳  :田元 明日菜 

出版社:化学同人

 

全頁に表れる美しいピンク色が印象的な海外絵本の日本語版です。

テーマは「勝つことよりも大切なことみ~つけた!」です。100まで数えるかくれんぼのお話なので、楽しく数字のお勉強も。美しく楽しい絵本です。

 

 

フランクとバートの だいすきかくれんぼ(化学同人)

 

絵本:ぴーぴーばっくしまーす

ぴーぴーばっくしまーす

作  :片山 健

出版社:福音館書店

 

多くの方の声が集まり、復刻された絵本です。

片山健先生の絵本であることも興味深いところですね。

0・1・2歳へ。

ねずみくんが、線を引きながら、ばっくすると、うさぎさんに「どん!」

ふたりで、「あはは」と笑い、なんともほのぼの心が温かくなります。

 

お子さんには、「どん!」と少し強調して読むと笑いますよ。

そして、この絵本に触れあった後、

さりげない日常で、お子さんが「ぴ~ぴ~ばっくしま~~~す」と声をあげて、

「かわいい」と感じるシーンに出逢えることでしょう。

 

ぴーぴー ばっくしまーす|福音館書店 



2022年8月のおすすめ絵本

絵本:戦争をやめた人たち 1914年のクリスマス休戦

 

戦争をやめた人たち 1914年のクリスマス休戦

文・絵: 鈴木まもる

出版社: あすなろ書房

 

第一次世界大戦の戦場でドイツ軍とイギリス軍との間で本当にあった実話です。

彼らは、なぜ戦争をやめることができたのでしょうか?

 

戦争をやめた人たち 1914年のクリスマス休戦(あすなろ書房)

 


2022年7月おすすめ新刊絵本

■「ゾウがあのこを すきになると」

 (化学同人)

 

絵本:ゾウがあのこを すきになると

■「ゾウがあのこと いっしょにくらすと」

 (化学同人)

 

絵本:ゾウがあのこと いっしょにくらすと

7月のおすすめ新刊絵本

イタリアから届いた恋の絵本です。

今月は大人の方へこの2冊の絵本をお薦めします。

恋をしたことがある人ならば、きっと自分を重ねるページに出会い、クスッと笑うことでしょう。

 

 ダヴィデ・カリ/ぶん

 アリーチェ・ロッティ/え

 橋本あゆみ/やく

 2022年7月15日発売


おすすめ新刊絵本

■「ちびちびパンダ」(金の星社)

 作・絵:みやにし たつや

 2022年6月発刊(3歳位~)

絵本:ちびちびパンダ

みんな大好きパンダちゃん。もし、トンボに乗れるほどの小さなパンダちゃんがいたら??大人気作家 みやにし先生の新刊です。子供たちの大好きな繰り返しの中に、「わくわく」と「どきどき」がいっぱい。川のページに登場する○○○〇の意外性に大人は?ですが、子供たちにはツボで大爆笑が起こりますよ。

詳細は金の星社ホームページで↓

みやにしたつやのえほん(金の星社)

 

■「ことりのメルおっこちる」(化学同人)

コーリー・R・テイバー/さく

よしいかずみ/やく

2022年6月15日発刊(5歳位~)

絵本:ことりのメルおっこちる

2022年コールデコット賞オナー受賞作品。9か国で翻訳。

普通は横開きの絵本を縦開きにすることで「高さ」を表現している楽しくかわいい絵本。読後、大人も子供もあたたかい気持ちになれます。

中身はこちら、化学同人ホームページで少し見ることができます↓

ことりのメルおっこちる(化学同人)